N-NOSEで陽性になったら?陽性判定後に受けるべき検査とN-NOSEを詳しく解説!

N-NOSE

↓よかったらクリックお願いします(^^)/

 

2021年11月にN-NOSE(エヌノーズ)を体験しました。

きっかけは「保険の見直し」です。

私も夫も医療保険+がん特約とがん保険に入っていたんです。

見直しの結果、がん保険を解約することに。

安心して解約するために受けたN-NOSEです✨

なまけもの
なまけもの

がん保険を辞めた直後にがんが発覚するパターン、意外と多いんです!

 

気軽に受けたN-NOSEでしたが、結果はまさかの陽性でした🤣🤣 

 

この記事では、

  • 陽性判定を受けたあとはどうしたらいいか
  • N-NOSEの評判は?口コミは?
  • 実際に受けてみてメリット・デメリット

をまとめています。

 

 

N-NOSE(線虫がん検査)とは

N-NOSE
出典 N-NOSE公式サイト

自宅で簡単に受けられるがん検査

尿一滴で、自宅で簡単に受けられるがん検査です。

嗅覚に優れた生物“線虫”が尿に含まれるがんの匂いを検知。

全身網羅的にがんのリスクを判定します。

公式 N-NOSEサービスサイト

 

N-NOSEとはほぼ全身のがんのリスクが分かるスクリーニング検査です。

尿一滴を郵送するだけで検査出来るので、とても手軽に受けられます♪ 

 

なぜN-NOSEなのか

多くのがんは早期発見が出来れば9割は完治する。

だから、がんの一次スクリーニング。

(中略)

がんの一次スクリーニングには、安くて、簡便、高精度なものが求められますが、これまではありませんでした。この一次スクリーニングを開発することで、まだ生きられる命ががんに奪われない。私たちがN-NOSEで実現したい未来像です。

公式 N-NOSEサービスサイト

 

N-NOSEは線虫を使うことでステージ0、Ⅰの早期がんのリスクも予見できます。

従来の検査(胃カメラ、大腸検査等)だと早期発見が難しい場合もありました。

また時間もかかりますし、自覚症状がないのに複数の検査は受けられないですよね。

 

現在、がんは早期発見・早期治療で”治る病気になってきています。

そのため全身網羅的に検査でき、早期発見もできるN-NOSEがオススメなんです。

 

線虫とは

がんの匂いを高精度に嗅ぎ分ける多細胞生物。犬の1.5倍の嗅覚でがん患者の尿に近づく性質があります。

飼育コストも安く済むため、検査コストを抑えられているようです。

 

N-NOSE(線虫がん検査)のメリット

出典 N-NOSE公式サイト
メリット
  • 簡単に全身のがんが分かる
  • 高精度
  • 安価

メリットは上記の3点です。

以下で詳しく説明していきます。

簡単に全身のがんが分かる

N-NOSEでリスク検知できるがんは以下の15種です。

胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮がん、膵臓がん、肝臓がん、前立腺がん、食道がん、卵巣がん、
胆管がん、胆のうがん、膀胱がん、腎臓がん、口腔・咽頭がん

(2019年9月時点)N-NOSE公式サイトより引用

 

  • 胃がんを調べるなら胃カメラorバリウム検査
  • 大腸がんを調べるなら大腸カメラ

従来であればそれぞれ調べる必要がありました。

お金も時間もかかりますよね💦

痛みもありますし……😢

でもN-NOSEは尿一滴を調べるだけでいいんです✨

がん検診への心理的ハードルが下がりますね!

 

N-NOSEの精度

感度は86.3%、特異度は90.8%となっています。

(日本がん予防学会(2019年6月)、日本人間ドック学会(2019年7月)、日本がん検診・診断学会(2019年8月)で共同研究機関が発表したデータを集計)

なまけもの
なまけもの

感度 → 実際にがんと判定する確率

特異度 → 健康な人をがんじゃないと判定する確率

です!

 

ちなみに国立研究開発法人国立がん研究センターによると、

胃エックス線検査……感度70~80%、特異度85~90%

とのことです。 

たった尿一滴なのに実際の検査と変わらない精度ですね。

高精度と謳っているのもうなずけます(^^)/

Point

N-NOSEは10人に1人の確率で陽性判定が出る→その内10人に1人が実際にがんという高精度な検査です。

 

早期発見が出来る

ステージ0、Ⅰの早期がんも検知することが臨床研究において確かめられています。

線虫は既存の検査で検知できないがんの微かな匂いにも反応し、リスクを予見します。

基礎研究において既存の検査との感度比較を行ったところ、N-NOSE®だけがステージ0、Ⅰの段階でも高い感度でがんを検知しました。

HIROTSUバイオサイエンス 公式サイト

これは線虫を使うからこそのメリットですね。

 

安価

N-NOSE検査キットの価格は12,500円(税込)です。

N-NOSEステーション付近にお住まいでない場合は上記にプラスして2,200円(税込)の送料がかかります。

郵送で検査すると14,700円かかります。

なまけもの
なまけもの

我が家は郵送&夫婦で検査したので27,200円かかりました!

 

この金額だけ見ると本当に安価……?

と疑問に思う方も少なくないかもしれません。

実際私も検査前はそう思いました(笑)

 

しかし、自覚症状がない中での検査は健康保険適用外=全額自己負担になります。

病院によりますが、自費だと胃カメラは4,000円程度かかります。

厚生労働省の推進するがん五大検査を自費で全て受けようとすると20,000円以上はかかるでしょう。

検査費用だけでなく、診察などの時間もかかります。

 

果たして自覚症状がない中で、これらの検査を自費で受けるでしょうか?

その点を考えるとN-NOSEの検査費用は妥当性があると思います✨

N-NOSE(線虫がん検査)のデメリット

デメリット
  • 偽陽性が出ることもある
  • 部位は特定できない
  • あくまでスクリーニング検査

N-NOSEのデメリットを以下で解説していきます。

偽陽性が出ることもある

一時期話題になっていたこの記事。

偽陽性とは、実際にがんが存在しないのに陽性と出てしまう事です。

なまけもの
なまけもの

結果的にですが、私がこの偽陽性でした🤔🤔

偽陽性と出てしまうと、追加の精密検査を受ける上に検査結果が出るまでの間不安な思いにさらされてしまいます。

夫はPET検査の結果が出るまでの間はとても不安に思っていたようでした。

 

▼N-NOSEで陽性後の見解を出している病院もありました。

偽陽性の方もかなり多いようです。

しかし偽陽性が出るデメリットよりも、がん検診受診のハードルが下がるメリットもあると思います。

  • 偽陽性→再検査の結果、異常なし
  • がん検診を受けない→発見されたときに進行していた

実際にこの立場になったとき、どちらが精神的・経済的負担が重いでしょうか?

 

確かに偽陽性が多いと精度に疑問符が浮かびます。

しかし陽性判定が出た方の中で実際に早期がんが発見される場合もあるのも事実です。

N-NOSEの目的はがんの早期発見・早期治療のためのスクリーニングです。

この精度は今後の研究に期待したいですね。

 

部位は特定できない

N-NOSEは全身のがんのリスクは分かれど、どの部位かはまだ特定できません。

陽性と出るとどこを調べていいか見当がつかないのは少し不安ですよね。

しかしがん種を特定する研究も現在進めているようです。

この部分は今後に期待が出来そうです。

 

あくまでスクリーニング検査

無症状の者を対象に、疾患の疑いのある者を発見することを目的に行う検査。例えば、胃がん検診の胃部間接X線撮影、大腸がん検診の便潜血検査などが、これにあたる。

国立がん研究センター

N-NOSEはがんのリスクが分かる検査です。

がん検診への心理的・経済的なハードルを下げ、がんの早期発見・早期治療を目的としています。

 

例えば、胃の痛みが続いてる → がんが心配 → N-NOSE

ではなく、自覚症状があるなら病院への受診がオススメです。

 

ちなみに、厚生労働省が推奨する5つのがん検診は下記の通りです。

胃がん検診胃X線検査40歳以上の男女、年1回
肺がん検診胸部X線検査40歳以上の男女、年1回
大腸がん検診便潜血検査40歳以上の男女、年1回
乳がん検診視触診とマンモグラフィー検査40歳以上の女性、2年に1回
子宮がん検診子宮頸部細胞診20歳以上の女性、2年に1回

年に1回の検査を推進しています。

なまけもの
なまけもの

多くの自治体では補助があるので、安価で検査を受けられるようですよ!

 

N-NOSE(線虫がん検査)で陽性が出たら

\ 実際の検査結果です /

2021年11月に私が受けた時の検査検査です。

右上の部分でハイリスクレンジ=陽性となっています。

このリスクは国内でのがん罹患率を1とした場合、1.5倍のリスクということです。

なまけもの
なまけもの

あれ?陽性だけど思ったよりリスクは高くない……?

 

しかしハイリスクレンジと分類されたからには確率は0ではないので、次の検査を受けることをオススメします。

 

ここで私がオススメするのはPET検査です。

N-NOSEは15種類のがんを検知します。

公式サイトでは、五大がん検査の後にPET検査を進めていますが私はPET検査を受けた方がいいと思っています。

何故なら、

  • 五大がん検査を自費で受けるのは経済的・時間的にも非効率
  • 15種のがんを自費で一つひとつ検査するのも非現実的

実はN-NOSEで陽性が出て検査を受ける場合、全額自己負担です。

自覚症状がない場合、保険適用外になるんです。

  

PET検査であればほぼ全身のがんを一気に検査することが可能です。

(動く臓器=胃がんの精度は低くなるようですが)

痛みも全くなく受けれらるので安心です✨

 

▼こちらの病院でもPET検査を勧めています。

 

まとめ

何気なく受けたN-NOSEですが、陽性判定が出て驚いています。

陽性判定が出た後のことを全く考えず受けてしまいました💦

 

いろいろ調べた中で、時間的・精神的・経済的な面を全て鑑みてPET検査の受診が一番効率がよく確実性が高いという結論にいたりました。

実際にがん罹患者である知人に聞いたところ、PET検査は5年に1回受けておけば安心とお医者様に言われたそうです。

また、職場でもPET検査を受けている方が多く、実際の体験談を聞けたのも決め手となりました。

 

N-NOSEで陽性が出て心配な方も多いと思います。

私もそうでした( ;∀;)

なので早めのPET検査受診をオススメします。

検査費もそれなりにかかりますが、安心料です✨

進行してからがんが見つかるより、絶対に経済的な負担は軽く済みます!

 

▼PET検査の体験はこちら

PET検査ってどんな検査?実際に受けてみての感想をまとめました。

 

▼PET検査の結果はこちら

検査結果N-NOSEで陽性判定を受けました。その後受けたPET検査結果を公開☆

N-NOSE申し込みフォーム

 

この記事が誰かのお役に立てたら幸いです。

今日もお読みいただきありがとうございました!

 

2 COMMENTS

なまけもの

みけねこさん、コメントありがとうございます!
少しでもお役に立てれば光栄です。
1.5万円で病院に行く手間が省けると思うと安価だと思います。

みけねこさんのブログも拝見しましたが、とても勉強になりました!
コンテンツを充実させて、インデックスされるよう努力します☆
ありがとうございました(^^)/

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA