医療保険はいらないの?医療保険が不要な理由、必要な人の特徴を徹底解説!

医療保険 いらない

★よろしければクリックお願いします★
にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ

 

こんにちは、なまけものです!

私はFP2級&AFP取得者で、代理店で生命保険営業をしています。

▼AFPについてはこちら

 

今日は医療保険についてお伝えしたいと思います。

無保険でも「医療保険だけは入りたい!」という方がいるくらい、医療保険は知名度も人気も高い商品となっています。

しかし、「医療保険不要論者」も一定数いるのも事実です。

あらいぐま
あらいぐま

医療保険っていらないって聞いたけど本当なの??

でも健康なうちに入っておきたいしなあ……

なまけもの
なまけもの

医療保険が必要かどうかはその人の貯蓄状況や価値観によって変わります!

 

ネットで調べていると、

  • 医療保険は不要!今すぐ解約を!
  • 高額療養費があるから民間の医療保険は無駄!
  • 費用対効果が悪い!

といった意見が多いですね。

実は私もほぼ同意見です(‘◇’)ゞ

あらいぐま
あらいぐま

保険営業なのにそんなこと言っちゃっていいの……?

なまけもの
なまけもの

そんなこと言いながら私も少しだけ入っています(笑)

要は手厚すぎる医療保険は不要ということです

 

とはいえ、医療保険が必要かどうかはその方の貯蓄状況や価値観によって変わります。

医療保険は万人に必要な保険とも言い切れませんが、万人に無駄な保険とも言えない難しさがあります。

加入の優先順位も低いと思っています。

実際に予算の少ないお客様にはその旨もお伝えしています。

この記事では医療保険が必要な人や不要な人の特徴、理由について詳しく解説していきます。

 

この記事を読んで分かること
  • 高額療養費制度があるから手厚い医療保険は不要
  • 心配な人は最低限の内容で入っておくのがオススメ
  • 貯蓄が十分にある人は医療保険は不要
  • 貯蓄が少なかったり、病気への不安感が強い人は医療保険が必要
  • 見直しがしたい場合は保険ショップを使うのも◎
  • 医療保険の必要性は自分の価値観や貯蓄状況で判断を!

 

医療保険とは

医療保険とは、公的医療保険で足りない部分を補う民間の保険会社で販売している商品です。

  • 入院1日につき3,000円~20,000円給付(主契約
  • 手術を受けたら手術給付金がもらえる(主契約
  • 三大疾病や女性疾病に手厚くする特約を付帯できる(特約

主契約と言われる土台の部分は入院日額手術給付金です。

(入院日額=入院1日3,000円~20,000円の部分)

主契約は必ず契約しなければならず、保険料が一番高い部分になります。

その主契約に三大疾病特約や女性疾病特約、最近ですと新型コロナウイルスに感染した場合に給付になる特約も発売されています。

民間の医療保険はあくまで病気時の自己負担を軽くするための保険です。

病気を治してくれる保険ではない点をご理解くださいね。

なまけもの
なまけもの

主契約はピザで言ったら生地、特約はトッピングのことです

なので特約だけでは契約できません!

 

▼ここをタップ!

三大疾病とは、がん・心疾患・脳血管疾患のことです。

三大疾病罹患時に一時金や入院日額の上乗せをする特約です。

 

女性疾病特約とは女性特有の病気の時に日額や手術給付金を上乗せする特約です。

女性疾病と名前はついていますが、がんでの入院時は女性特有のがんじゃなくても入院日額の上乗せをしてくれます。

保険会社によってはくも膜下出血やバセドウ病など、女性に多い疾病を保障する場合もあります。

 

医療保険が不要と言われる理由

日本は国民全員が公的医療保険の保障を受けられる、国民皆保険制度です。

なので医療費の自己負担額は1割から3割になります。

1万円の治療や投薬を受けても、自己負担は3千円で済むのが公的健康保険のすごいところ!

(6歳から69歳、70歳以上の現役並所得者の場合)

▼詳しくはこちら

 

この公的医療保険を踏まえた上で、民間の医療保険が不要と言われる理由は以下の2つになります。

  • 高額療養費制度があるから
  • 費用対効果が低いから(払い損になる)

 

高額療養費制度があるから

高額療養費制度はどんな制度でしょうか?

この制度は1ヶ月の医療費の自己負担額の上限が決まっています。

つまり100万円の治療を受けたとしても、年収が370万円~770万円(3割負担)であれば自己負担額は87,430円で済むんです!

※80,100円+(1,000,000円-267,000円)✕0.0=87,430円

▼所得別自己負担額限度額

なまけもの
なまけもの

標準報酬月額はねんきん定期便を見るとすぐ分かりますよ♪

この制度は1か月単位で適用されるので、1年のうちに4回以上適用されるとさらに自己負担額は減ります。(多数該当)

長期入院にも対応しているすごい制度なんです✨

なので医療費が高額化しても、この制度を使えば貯蓄でカバーできるので医療保険は不要と言われるのです。

 

しかし以下の4つの注意点があるので、ご承知おきください。

 

注意

・月をまたがって入院した場合、自己負担額は2ヶ月分になる可能性がある

・差額ベッド代や病衣、食事代は対象外(全額自己負担)

先進医療、自由診療も対象外

自己負担額が2~3万円程度で済む健康保険組合がある

▼高額療養費制度について

 

費用対効果が低いから(払い損になる)

医療保険は掛け捨ての商品が多いです。

(リターンタイプと言われる使わなけば戻ってくる商品もあります)

そのため、だいたいの方はもらう給付金より払った保険料の方が多くなります。

医療保険は保険会社としては一番おいしい商品なのです🤔🤔

なまけもの
なまけもの

大体どこの保険会社も医療保険に力を入れていますね。

だから自社ビルが建つんです🤣

知名度も高いネットで人気のオリックス生命を例にします。

30歳女性で、日額5千円、手術10万円、先進医療の商品の場合、保険料は月々1,680円です。

10日間の入院&手術を受けたら15万円が受け取れます。

しかしこの商品の掛け捨て額は約100万円です。

(80歳まで継続した場合)

となると、100万円を回収するには10日間の入院&手術を7回ほど受ける必要があります。

現実的にはあり得ないですよね(;^ω^)

費用対効果を考えると、あまり必要性を感じないというのが不要な理由の一つです。

 

医療保険が必要な人の特徴2選

医療保険 必要

もちろん医療保険が必要な人もいます。

それは以下の2つの方です。

医療保険が必要な人
  • 貯蓄が少ない人
  • 健康状態や無保険が不安な人
  • 先進医療を受けたい人

 

貯蓄が少ない人

医療費に使える貯蓄が少ない人は医療保険への加入をオススメしています。

なぜなら入院すると医療費の負担はもちろん、収入も減ってしまう場合があるからです。

高額療養費制度で自己負担額が8万円台で済んだとしても、収入が減ってしまうと医療費どころか日々の生活も大変になりますよね。

月々数千円の負担で万が一の場合の数万円~十数万円を確保できると考えると、費用対効果が高いとも言えます。

つまり医療保険の費用対効果は人それぞれなのです。

Point

ある程度の貯蓄(生活費の半年~1年分)が確保できるまでは、医療保険への加入がオススメ◎

 

健康状態や無保険に不安がある人

例えば、家系的に特定の病気の罹患者が多くて心配な場合は医療保険に加入してもいいと思います。

なぜなら医療保険は健康状態によっては加入できない可能性があるからです。

三大疾病や難病ですと、治療が続いてればほぼ100%加入できません。

重篤な病気や繰り返し入院をしやすい病気(がんなど)が家系的に多く、不安感がある方は医療保険の検討の余地があると思っています。

なまけもの
なまけもの

遺伝性の病気もありますが、家族は生活習慣や食の好みが似るので同じ病気にかかりやすいようです。

 

また、何もないのは心配という方の加入もありだと思っています。

なぜなら万が一入院してしまった場合、無保険状態をとても後悔し精神衛生上よろしくないからです。

医療費のために貯金崩すのも案外心理的負担があったりしますからね😭

 

その場合は、入院日額・手術・先進医療に、がん一時金や三大疾病一時金を追加したプランがオススメです。

上記の例ですと、三大疾病一時金100万円を付加すると保険料総額は120万円です。

(80歳まで継続の場合)

この特約のメリットは治療を目的として入院や手術で所定の状態になれば、1年に1回を限度に何度でも給付金を受け取れるんです。

一時金はとても自由度が高い給付金なのでオススメしたい特約です✨

Point

医療保険に加入する場合は主契約をなるべく抑え、一時金系の特約を付帯したプランがオススメ◎

不安だからと言って特約をつけすぎたり、保険料が高くなるのはNGです!

 

先進医療を受けたい人

医療保険が不要な人の特徴

医療保険 不要

では医療保険が不要な人はどんな人なのでしょうか?

医療保険が不要な人
  • 貯蓄が十分にある人
  • 高額療養費制度の自己負担額が2~3万円の人
  • 保険料を削減したい人

 

貯蓄が十分にある人

生活費の半年~1年分の貯蓄がある方は医療は不要だと思います。

保険は「貯蓄で対応できない不測の事態に備える」ものだからです。

 

高額療養費制度の自己負担額が2~3万円の人

上記の通り、勤務先によって健康保険の組合が違います。

自分がどの組合かは保険証を確認します。

赤枠の「保険者」を確認します。

一般的な会社員であればこの写真の保険証の「全国健康保険協会(協会けんぽ)」が多いと思います。

高額療養費制度の自己負担額は収入によってですが、3.5万~25万円前後です。

これが地方職員共済組合の場合ですと、自己負担額の上限は2.5万円なんです……!

これなら医療保険は不要ですね(笑)

 

保険料を削減したい人

保険料を削減したい方がなぜ医療保険が不要なのでしょうか?

私は保険料を削減したい方や予算に限りのあるお客様には医療保険はあまりオススメしていません。

なぜなら医療保険は加入の優先順位が低いからです。

 

加入の優先順位は損失が大きい順に決まります。

子どもがいる家庭であれば、死亡保障が何よりも優先順位が高い商品です。

数千万単位で遺失があるからです。

それを貯蓄でまかなうのは難しいですよね。

 

その点医療保険は1ヶ月の自己負担額も一般的な収入の方であれば8万円台なので、どうしても優先順位が低い商品になってしまいます。

人気はあるんですけどね。

 

まとめ

いかがでしたか?

  • 医療保険が必要な人
  •   〃  不要な人
  • 高額療養費制度について

についてまとめました。

まとまった貯蓄があれば医療保険は不要ですね(^^)/

 

ちなみに我が家の加入状況ですが、

  • 夫→医療保険加入
  • 私→がん保険のみ加入
  • 子ども→未加入

という感じです!

夫は保険料の割に保障が手厚いのでそのまま続けています。

(主契約、先進医療特約、三大疾病一時金)

 

私は家系的にがんが心配なのでがん保険のみ加入しています。

83歳までに1度でもがんに罹患すれば保険料回収できるくらい、とても安い商品に加入しています✨

 

子どもは病気の関係で入れないのもありますが、医療費無料のため加入はしていません。

 

医療保険もいろいろな加入の仕方があります。

自分で調べつつ、分からない部分は保険のプロである募集人に聞いてみるのもオススメですよ🤗💞

 

オススメ保険相談サービス

▼保険見直しラボ

保険見直しラボ

口コミはこちら

保険見直しラボは経験豊富なコンサルタント(平均12.1年)が多いのが特徴です。

訪問型のショップなので、保険ショップまで行くのが大変な方にオススメです✨

 

▼保険マンモス

保険ショップマンモス

保険マンモスはお住まいの地域の評判のいいFPを紹介できる無料サービスです。

オンラインでも相談可能です✨

今なら無料相談予約でプレゼントももらえますよ(^^♪

 

▼みんなの保険アドバイザー

生命保険 相談

みんなの保険アドバイザーは担当アドバイザーが丁寧に相談に乗ってくれますよ。

また無理な勧誘もなく、担当を変更できる「ストップコール制度」があります♪

いろいろな方に相談したい場合にとても便利ですね。

 

この記事がどなたかのお役に立てれば幸いです。

今日もお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA